業績アップに貢献する経理・バックオフィス体制の構築が使命です

相談事例

・経理スタッフを雇うほどの規模ではないが自社対応は限界

・領収書、請求書の整理がめんどう(というか時間がない)

・自社で会計処理しているが間違いがないか不安

・クラウドサービスを活用して業務効率を向上させたいがどこから手を付ければよいかわからない

 ソフトウェアやクラウドサービスの普及により、税理士に頼まなくても自社で会計処理を行う環境が整ってきています。自社で会計処理を行うことの最大のメリットは、毎日の経営成績を迅速に確認できるようになることです。弊事務所ではまずは自社での会計処理を検討していただくようアドバイスしております。

 

 ただ、経営や営業に専念したい、もしくは経理スタッフを雇うだけの体力がない等の理由で、会計処理をアウトソースして頂いた方が合理的な場合もあります。このようなお客様には、無理に頑張って誤った会計処理をしてしまうよりは、記帳・決算業務を外部委託していただくことをお勧めしています。

 

 それから、自社で会計処理ができているものの、紙の資料に基づく作業に慣れていてクラウド等のITサービスが活用できていないと感じているお客様もいらっしゃいます。とはいえ、無理やりITを導入しても、作業効率が向上するとは限りません。重要なのは、会社の状況に即してIT導入のメリット・デメリットをしっかりと検討すること。

 弊事務所では、現場目線でのクラウドサービスの導入サポート(最終的に導入を見送るという選択肢も含め)を心がけております。